トンボのペニスは“先客の精子”をかき出すスプーン付き?

公開日: 更新日:

 メノ・スヒルトハウゼン著、田沢恭子訳「ダーウィンの覗き穴」(早川書房 2000円+税)では、あらゆる生き物の交尾と、生殖器の複雑な進化について徹底考察。学術研究論文も多用された骨太な読み物である一方、随所にユーモアもちりばめられており、時折ニヤリとさせられる。

 進化生物学が生殖器にまで関心を払うようになったのは、1979年とごく最近のこと。「サイエンス誌」にカワトンボのペニスに関する論文が発表されたことがきっかけだった。彼らのペニスには小さな“スプーン”がついていて、雄は交尾中にこれを使って雌の膣を掃除する。つまり、“先客”の精子をかき出すことが明らかにされたのだ。

 これは、生物の生殖器が単に精子を受け渡すための器官ではなく、ある種の性淘汰が起こる場所でもあることの証しとなった。カワトンボの進化において、このスプーンの性能が高い雄ほど、たくさんの子孫を残していたためだ。

 中世の三叉槍のような形状をしたペニスを持つネズミや、精液を送り込む触肢を雄自らが切断して雌の生殖管にふたをするクモ、ペニスをバイブレーターのように震わせるガガンボなど、本書では雄の生殖器に多彩な工夫が凝らされていることが分かる。ただしこれらは、雌による厳しい選抜を突破するための涙ぐましい努力でもある。

 何しろ、精子が卵子にたどり着くまでの道のりは決して平坦なものではない。生殖管がジグザグと15回以上折り畳まれているハムスターや、10回のループを成す渦巻き2個で形成された生殖管を持つクモなど、雌のそれはやたらと複雑にできている。繁殖をもくろむ雄にとって、雌の体内への射精は第一歩に過ぎないことが分かる。

 雌の生殖管を開くため、射精を伴わない“ドライセックス”を繰り返し、雌をその気にさせようと努力する生き物もいるという。自然の奥深さと生命の神秘に脱帽だ。


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

もっと見る

人気キーワード