• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「失われた甲子園」赤坂英一著

 1989年4月5日、甲子園で愛知の東邦高校と大阪の上宮高校による決勝戦が行われていた。

 古豪の東邦に対して、上宮は決勝進出は初めてだったが、遊撃手・元木大介、投手にコントロール抜群の宮田正直を擁する気鋭のチームだ。

 これまでの4試合を一人で投げ抜いて、延長十回裏、あと一人打ち取ったら初優勝、という場面だった。

 ところが、宮田のコントロールが狂いはじめ、ストライクが決まらない。四球で打者は一塁に進む。そして、予想もしなかった結末が待っていた。

 あの日、甲子園で死闘を繰り広げ、その後、プロの世界に進んだ選手たちのドラマを描くノンフィクション。

(講談社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る