「失われた甲子園」赤坂英一著

公開日: 更新日:

 1989年4月5日、甲子園で愛知の東邦高校と大阪の上宮高校による決勝戦が行われていた。

 古豪の東邦に対して、上宮は決勝進出は初めてだったが、遊撃手・元木大介、投手にコントロール抜群の宮田正直を擁する気鋭のチームだ。

 これまでの4試合を一人で投げ抜いて、延長十回裏、あと一人打ち取ったら初優勝、という場面だった。

 ところが、宮田のコントロールが狂いはじめ、ストライクが決まらない。四球で打者は一塁に進む。そして、予想もしなかった結末が待っていた。

 あの日、甲子園で死闘を繰り広げ、その後、プロの世界に進んだ選手たちのドラマを描くノンフィクション。

(講談社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る