「失われた甲子園」赤坂英一著

公開日:  更新日:

 1989年4月5日、甲子園で愛知の東邦高校と大阪の上宮高校による決勝戦が行われていた。

 古豪の東邦に対して、上宮は決勝進出は初めてだったが、遊撃手・元木大介、投手にコントロール抜群の宮田正直を擁する気鋭のチームだ。

 これまでの4試合を一人で投げ抜いて、延長十回裏、あと一人打ち取ったら初優勝、という場面だった。

 ところが、宮田のコントロールが狂いはじめ、ストライクが決まらない。四球で打者は一塁に進む。そして、予想もしなかった結末が待っていた。

 あの日、甲子園で死闘を繰り広げ、その後、プロの世界に進んだ選手たちのドラマを描くノンフィクション。

(講談社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る