「男の詫び状」野坂昭如著

公開日:  更新日:

 平成15年に脳血栓で倒れてから、長期にわたってリハビリのかたわら執筆を続け、昨年末に亡くなった野坂昭如。本書は、そんな野坂が「通販生活」の紙上で交友のあった著名人との間に交わしたやりとりを単行本化したもの。岸田今日子、妹尾河童、阿川佐和子、吉永小百合、小沢昭一、永六輔、筒井康隆、横尾忠則らからの病気見舞いとして書かれた手紙に、野坂が闘病を感じさせないキレのある返答で応えていく。

 たびたび手紙に書かれるのは、野坂自身の戦争体験だ。「今の日本は危なっかしい。戦争がすぐそばにある状態。ぼくらには戦争を語り続ける義務がある」と憂い、「このまま行けばまた同じあやまちの繰り返しか」と戦争を伝え切れなかった昭和ヒトケタ世代の後ろめたさを語る。

 最後の手紙は、野坂の妻からすでに亡くなった野坂にあてて書かれたもの。酒が好きでちゃめっ気たっぷりな野坂の素顔、最後まで物書きとしてメッセージを残そうとした姿をつづっている。(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る