• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「1974年のサマークリスマス」柳澤健著

 かつて、TBSラジオの深夜放送「パックインミュージック」のパーソナリティーとして活躍したアナウンサー・林美雄がいた。金曜(木曜深夜)の午前3時から午前5時までという時間帯に、たいした期待もされないままスタートした番組は、熱狂的なリスナーに支えられた伝説の番組と化した。本書は、林が自身の目と耳と足で作り上げた番組の歴史とその時代に迫った意欲作だ。

「世の中には広く知られていないけれど素晴らしいものがある。本当にいいものは隠れているから、自分で探さないといけない」という林は、その言葉通りに自分がいいと思ったものだけを熱く伝えた。ユーミンを発掘し、「八月の濡れた砂」などの日本映画に火をつけ、公害反対運動やベトナム戦争など、自身が興味を持った話題は何でも電波に乗せた。

 番組終了の際には存続運動まで起こるほどの番組を作ったひとりのアナウンサーを通して、あの時代のメディアとそれを支えた人々の姿が見えてくる。(集英社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る