「1974年のサマークリスマス」柳澤健著

公開日:  更新日:

 かつて、TBSラジオの深夜放送「パックインミュージック」のパーソナリティーとして活躍したアナウンサー・林美雄がいた。金曜(木曜深夜)の午前3時から午前5時までという時間帯に、たいした期待もされないままスタートした番組は、熱狂的なリスナーに支えられた伝説の番組と化した。本書は、林が自身の目と耳と足で作り上げた番組の歴史とその時代に迫った意欲作だ。

「世の中には広く知られていないけれど素晴らしいものがある。本当にいいものは隠れているから、自分で探さないといけない」という林は、その言葉通りに自分がいいと思ったものだけを熱く伝えた。ユーミンを発掘し、「八月の濡れた砂」などの日本映画に火をつけ、公害反対運動やベトナム戦争など、自身が興味を持った話題は何でも電波に乗せた。

 番組終了の際には存続運動まで起こるほどの番組を作ったひとりのアナウンサーを通して、あの時代のメディアとそれを支えた人々の姿が見えてくる。(集英社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る