• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「彼方への忘れもの」小嵐九八郎著

 新潟の高校生・大瀬良騏一は、憧れていた友人青木の姉・芙美子が東京に養女に行ったことを知った。高校時代は1年間に27人からラブレターをもらい、採点してゴミ箱に捨てたというすごいお姉さんだ。

 騏一の家は貧しい母子家庭だったが親戚などの援助を受け、芙美子の家の近くの早稲田大学に入学する。早大闘争に引き込まれたりしながら、重役秘書になったという芙美子に会う機会を狙っていた。ようやく再会した芙美子はどうやらうつ病にかかっているらしい。騏一自身も1歳で長崎で被爆したことを上京前に母から聞き、原爆病を恐れて東大病院で検査を受けるのだった。

 60年代の切ない青春を描く書き下ろし長編小説。(アーツアンドクラフツ 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る