• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「外骨 戦中日記」吉野孝雄著

 明治から昭和にかけて活躍した反骨のジャーナリスト・宮武外骨は、晩年に言論活動をほとんど停止していた空白の5年間がある。太平洋戦争の時期にも重なるその当時、外骨が何を考え、何を思い、どのように生きていたのか。往時の日記を読み解きながら、その空白を埋める評伝。

 昭和19年9月から21年2月まで(外骨77~79歳)つづられた日記は、主に箇条書きでその日の行動が覚書のように事実のみ記された簡素なもの。それもほとんどが戦時下で不足する食料の買い出しの記録である。そうした記述を他の資料と照らし合わせ、丹念に検証しながら、当時の外骨の暮らしぶりや戦争との向き合い方を浮かび上がらせた力作。(河出書房新社 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る