「一年有半」中江兆民著 鶴ケ谷真一訳

公開日:  更新日:

 喉頭がんで余命を宣告された明治の偉人が、遺書代わりに書き残した随筆。

 明治34年の春、滞在中の大阪で受診した著者は、医師から切開手術が必要だと言われ、すぐにがんだと察する。半年前からせき込むようになり、別の医師に喉頭カタルと診断され放置していたのだ。

 すぐに手術を受けるつもりだったが、妻らに反対され、手術は断念。臨終のその日まで、1日も無駄にするまいと決めて、医師に尋ねると、余命1年半と宣告された。せいぜい5、6カ月と考えていた氏はめぐまれたような気分になる。進行する症状とともに、政治や政治家への痛烈な批評や時間を惜しむように通い詰める人形浄瑠璃への思いまで。

 新訳で蘇った明治時代のベストセラー。(光文社 1040円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る