• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「一年有半」中江兆民著 鶴ケ谷真一訳

 喉頭がんで余命を宣告された明治の偉人が、遺書代わりに書き残した随筆。

 明治34年の春、滞在中の大阪で受診した著者は、医師から切開手術が必要だと言われ、すぐにがんだと察する。半年前からせき込むようになり、別の医師に喉頭カタルと診断され放置していたのだ。

 すぐに手術を受けるつもりだったが、妻らに反対され、手術は断念。臨終のその日まで、1日も無駄にするまいと決めて、医師に尋ねると、余命1年半と宣告された。せいぜい5、6カ月と考えていた氏はめぐまれたような気分になる。進行する症状とともに、政治や政治家への痛烈な批評や時間を惜しむように通い詰める人形浄瑠璃への思いまで。

 新訳で蘇った明治時代のベストセラー。(光文社 1040円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る