「新築マンションは9割が欠陥」船津欣弘氏

公開日: 更新日:

 昨年10月に発覚したパークシティLaLa横浜の傾斜騒動。当初は8本の杭が地盤に届いていないことが発覚し、その後の調査でもさまざまな施工データ改ざんが見つかった。

「ニュースを見たとき、絶対に基礎部分に何かある、杭だけじゃない、配筋(鉄筋を組むこと)もおかしいのではないか、と思いました。事実、次から次に問題が出てきて、最終的には全棟建て替えでしたからね。正直な話、『またか』なんですよ。いつまで経っても建築業界は変わらない。ならば、こっちも全部書いてやろうと思ったんです」

 著者は建設現場における工事検査、品質管理補助業務、既存建物に対する建物調査などを行う、総合検査株式会社の代表取締役。これまでも、数多くのマンションを検査した実績がある。

「最初は『欠陥マンションを買う人買わない人』というタイトルだったんですけどね(笑い)。過激なタイトルになりましたが、嘘や誇張を言っているわけではありません。不備や手抜きなどを入れると、ほぼ10割といっても過言ではない。検査で何も引っかからなかったマンションは見たことがありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る