• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「文字を作る仕事」鳥海修著

 39年前、書体を作るという職業があることを知って、著者は見出し書体でなく本文書体を作りたいと思い、故郷の清涼感のある水や空気のような書体をめざす。京極夏彦氏のところに担当編集者と一緒に開発したばかりの游明朝体Rを持って訪れたら、京極氏は機嫌が悪かった。おずおずと原字を見せると、表情を和らげ、「私たち作家はこういう人たちに支えられているからこそ成り立っている」と言って、「姑獲鳥の夏」の豪華本が出たとき、わざわざ書体名を扉の裏に明記してくれた。

 書体設計の第一人者が、書体づくりに込めた思いや仕事にまつわるエピソードを語るエッセー集。(晶文社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る