「文字を作る仕事」鳥海修著

公開日:  更新日:

 39年前、書体を作るという職業があることを知って、著者は見出し書体でなく本文書体を作りたいと思い、故郷の清涼感のある水や空気のような書体をめざす。京極夏彦氏のところに担当編集者と一緒に開発したばかりの游明朝体Rを持って訪れたら、京極氏は機嫌が悪かった。おずおずと原字を見せると、表情を和らげ、「私たち作家はこういう人たちに支えられているからこそ成り立っている」と言って、「姑獲鳥の夏」の豪華本が出たとき、わざわざ書体名を扉の裏に明記してくれた。

 書体設計の第一人者が、書体づくりに込めた思いや仕事にまつわるエピソードを語るエッセー集。(晶文社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る