「犬、そして猫が生きる力をくれた」大塚敦子著

公開日:  更新日:

 米国の女子刑務所で30年以上前に始まった介助犬育成プログラム「プリズン・ペット・パートナーシップ」の活動を紹介するリポート。

 同プログラムは、飼い主が飼えなくなった保護犬を訓練して、介助犬やセラピー犬として、障害のある人のもとに送り出すというもの。犬と接することにより、受刑者たちの心のバリアーが取り除かれ、介助犬の訓練をすることが生きる目的ともなり、社会復帰への道を踏み出すことができるという。近年は猫の受け入れも始まり、設立以来700匹以上を介助犬やセラピー犬、ペットとして送り出してきた。

 殺人犯のコニーとラブラドールのアラニスなど、受刑者と動物たちのドラマを紹介しながら、日本でも始まったその活動の実際を伝える。(岩波書店 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る