• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最新面白マンガ特集

「学べるマンガ100冊」佐渡島庸平、里中満智子ほか著、日本財団監修

 映像化され、単行本が100万部超え、キャラクターグッズが飛ぶように売れるマンガはさておき、大人に響くのは、本当に心を揺さぶられるマンガか否かだ。人生哲学や有益な情報を教えてくれるかどうか。そんな観点から選んだ最新5冊を紹介しよう。

 教科書よりも深く学べて、学校よりも面白い。それがマンガであると、有識者らが証明する一冊。マンガ家、マンガ編集者、大学教授らが選考委員となり、100作品を11ジャンルに分けて紹介。文学、歴史、社会、職業、戦争、多様性……読者が科目別の授業を受けるような感覚で構成されている。

 過去の名作や大作、話題作を論じるが、アニメ化や映画化されたメジャー作品だけにあらず。陰の名作にも光を当て、「これは読んでみたい」と思わせてくれる。この一冊で100冊読んだ気になるもよし、全巻大人買いするもよし、マンガ喫茶へ駆け込むもよし。できれば紹介作品を手に取り、選考委員の熱い論評の真偽を確かめてほしい。教科書よりも有益と断言できる作品が必ず見つかるはずだ。(文藝春秋 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る