• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最新面白マンガ特集

「学べるマンガ100冊」佐渡島庸平、里中満智子ほか著、日本財団監修

 映像化され、単行本が100万部超え、キャラクターグッズが飛ぶように売れるマンガはさておき、大人に響くのは、本当に心を揺さぶられるマンガか否かだ。人生哲学や有益な情報を教えてくれるかどうか。そんな観点から選んだ最新5冊を紹介しよう。

 教科書よりも深く学べて、学校よりも面白い。それがマンガであると、有識者らが証明する一冊。マンガ家、マンガ編集者、大学教授らが選考委員となり、100作品を11ジャンルに分けて紹介。文学、歴史、社会、職業、戦争、多様性……読者が科目別の授業を受けるような感覚で構成されている。

 過去の名作や大作、話題作を論じるが、アニメ化や映画化されたメジャー作品だけにあらず。陰の名作にも光を当て、「これは読んでみたい」と思わせてくれる。この一冊で100冊読んだ気になるもよし、全巻大人買いするもよし、マンガ喫茶へ駆け込むもよし。できれば紹介作品を手に取り、選考委員の熱い論評の真偽を確かめてほしい。教科書よりも有益と断言できる作品が必ず見つかるはずだ。(文藝春秋 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    敗れた日本戦でも露呈 コロンビアは不思議な“一流国”

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    事務所は否定も…Hey!Say!岡本圭人の脱退は時間の問題

  9. 9

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  10. 10

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

もっと見る