当時の少年少女は高齢者に 伝説の「ウルトラQ」が50周年

公開日: 更新日:

「『ウルトラQ』の誕生」白石雅彦著

 日本のテレビ放送開始は1953(昭和28)年。受信契約数はわずか1485世帯だが、翌年には10倍以上の1万6779世帯に急上昇。「電気紙芝居」と見下していた映画界も急速に危機感を募らせることになった。本書はこんな前史から「ウルトラQ」の歴史をたどるドキュメント。

 東宝で大監督の座を占める円谷英二に対し、息子の円谷一はTBSの演出部に属し、単発のドラマづくりで天才脚本家・金城哲夫らを育てた。このころ東宝はゴジラシリーズ3作目「キングコング対ゴジラ」で大ヒットを飛ばしたが、ライバルはテレビ出身のクレージーキャッツ主演の「ニッポン無責任時代」で、映画斜陽の象徴的な構図だったという。

 本書は戦後娯楽史の大きな流れを見渡しながら「ウルトラQ」を論じる。つまり単なるファンブックというより、「ウルトラQ」を通して見た日本テレビ産業史なのだ。著者は「平成ゴジラ」シリーズの操演スタッフに加わったこともある脚本家。(双葉社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る