当時の少年少女は高齢者に 伝説の「ウルトラQ」が50周年

公開日:  更新日:

「『ウルトラQ』の誕生」白石雅彦著

 日本のテレビ放送開始は1953(昭和28)年。受信契約数はわずか1485世帯だが、翌年には10倍以上の1万6779世帯に急上昇。「電気紙芝居」と見下していた映画界も急速に危機感を募らせることになった。本書はこんな前史から「ウルトラQ」の歴史をたどるドキュメント。

 東宝で大監督の座を占める円谷英二に対し、息子の円谷一はTBSの演出部に属し、単発のドラマづくりで天才脚本家・金城哲夫らを育てた。このころ東宝はゴジラシリーズ3作目「キングコング対ゴジラ」で大ヒットを飛ばしたが、ライバルはテレビ出身のクレージーキャッツ主演の「ニッポン無責任時代」で、映画斜陽の象徴的な構図だったという。

 本書は戦後娯楽史の大きな流れを見渡しながら「ウルトラQ」を論じる。つまり単なるファンブックというより、「ウルトラQ」を通して見た日本テレビ産業史なのだ。著者は「平成ゴジラ」シリーズの操演スタッフに加わったこともある脚本家。(双葉社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る