当時の少年少女は高齢者に 伝説の「ウルトラQ」が50周年

公開日:  更新日:

「『ウルトラQ』の誕生」白石雅彦著

 日本のテレビ放送開始は1953(昭和28)年。受信契約数はわずか1485世帯だが、翌年には10倍以上の1万6779世帯に急上昇。「電気紙芝居」と見下していた映画界も急速に危機感を募らせることになった。本書はこんな前史から「ウルトラQ」の歴史をたどるドキュメント。

 東宝で大監督の座を占める円谷英二に対し、息子の円谷一はTBSの演出部に属し、単発のドラマづくりで天才脚本家・金城哲夫らを育てた。このころ東宝はゴジラシリーズ3作目「キングコング対ゴジラ」で大ヒットを飛ばしたが、ライバルはテレビ出身のクレージーキャッツ主演の「ニッポン無責任時代」で、映画斜陽の象徴的な構図だったという。

 本書は戦後娯楽史の大きな流れを見渡しながら「ウルトラQ」を論じる。つまり単なるファンブックというより、「ウルトラQ」を通して見た日本テレビ産業史なのだ。著者は「平成ゴジラ」シリーズの操演スタッフに加わったこともある脚本家。(双葉社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る