「実践・論語塾」安岡定子著

公開日: 更新日:

「人にして遠き慮り無ければ、必ず近き憂い有り(もし遠い先まで見通す深い考えがなかったら、必ず足元から思いがけない災いが起こってしまうものだ)」

 新入社員は研修や毎日の業務に追われて入社前の意気込みや働く意義を見失いそうになる。

 最終目標は何なのか、立ち止まって考えることが必要。

 また、部下のいる人は自分が見通しをもつだけでなく、プロジェクト全体の進捗状況を見通して、各自に見通しを持たせる必要がある。立場が違っても、その人の現状に合わせて活用できる言葉だ。

 ほかに、「人の己を知らざるを患えず。人を知らざるを患う」など、「論語」の言葉を分かりやすく解説した一冊。(ポプラ社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る