「実践・論語塾」安岡定子著

公開日:  更新日:

「人にして遠き慮り無ければ、必ず近き憂い有り(もし遠い先まで見通す深い考えがなかったら、必ず足元から思いがけない災いが起こってしまうものだ)」

 新入社員は研修や毎日の業務に追われて入社前の意気込みや働く意義を見失いそうになる。

 最終目標は何なのか、立ち止まって考えることが必要。

 また、部下のいる人は自分が見通しをもつだけでなく、プロジェクト全体の進捗状況を見通して、各自に見通しを持たせる必要がある。立場が違っても、その人の現状に合わせて活用できる言葉だ。

 ほかに、「人の己を知らざるを患えず。人を知らざるを患う」など、「論語」の言葉を分かりやすく解説した一冊。(ポプラ社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る