「実践・論語塾」安岡定子著

公開日:  更新日:

「人にして遠き慮り無ければ、必ず近き憂い有り(もし遠い先まで見通す深い考えがなかったら、必ず足元から思いがけない災いが起こってしまうものだ)」

 新入社員は研修や毎日の業務に追われて入社前の意気込みや働く意義を見失いそうになる。

 最終目標は何なのか、立ち止まって考えることが必要。

 また、部下のいる人は自分が見通しをもつだけでなく、プロジェクト全体の進捗状況を見通して、各自に見通しを持たせる必要がある。立場が違っても、その人の現状に合わせて活用できる言葉だ。

 ほかに、「人の己を知らざるを患えず。人を知らざるを患う」など、「論語」の言葉を分かりやすく解説した一冊。(ポプラ社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る