• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「実践・論語塾」安岡定子著

「人にして遠き慮り無ければ、必ず近き憂い有り(もし遠い先まで見通す深い考えがなかったら、必ず足元から思いがけない災いが起こってしまうものだ)」

 新入社員は研修や毎日の業務に追われて入社前の意気込みや働く意義を見失いそうになる。

 最終目標は何なのか、立ち止まって考えることが必要。

 また、部下のいる人は自分が見通しをもつだけでなく、プロジェクト全体の進捗状況を見通して、各自に見通しを持たせる必要がある。立場が違っても、その人の現状に合わせて活用できる言葉だ。

 ほかに、「人の己を知らざるを患えず。人を知らざるを患う」など、「論語」の言葉を分かりやすく解説した一冊。(ポプラ社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る