「突然死を防ぐ脳・心臓のいい病院」週刊朝日MOOK

公開日:  更新日:

 長らく日本人の死因のトップ3だったのが、がん、心臓病、脳卒中。そのうち心臓病と脳卒中で34%を占めている。そんな脳と心臓の病気に焦点を当て、最新の治療法の紹介から、手術数の多い病院の全国ランキングまで、脳・心臓に関する治療と予防が網羅された一冊だ。

 巻頭では、「脳・心臓の名医たち」のインタビューが掲載され、天野篤医師(順天堂大学順天堂医院)、副島京子医師(杏林大学病院)、谷川緑野医師(札幌禎心会病院)、村山雄一医師(東京慈恵会医科大学病院)が登場。また、脳卒中では、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍。心臓病では、狭心症・心筋梗塞、心臓弁膜症、大動脈瘤・解離、不整脈と、病気ごとに症状、サイン、治療法などを徹底解説している。

 全国2059病院の手術数ランキングでは、脳動脈瘤(くも膜下出血)治療、脳腫瘍手術、心臓手術、心カテーテル治療、心筋焼灼術、ペースメーカー治療と、治療法ごとに治療数、種類、常勤医数のデータを掲載。

 患者にとって大いに参考になる情報が詰まっている。(朝日新聞出版 907円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る