• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「突然死を防ぐ脳・心臓のいい病院」週刊朝日MOOK

 長らく日本人の死因のトップ3だったのが、がん、心臓病、脳卒中。そのうち心臓病と脳卒中で34%を占めている。そんな脳と心臓の病気に焦点を当て、最新の治療法の紹介から、手術数の多い病院の全国ランキングまで、脳・心臓に関する治療と予防が網羅された一冊だ。

 巻頭では、「脳・心臓の名医たち」のインタビューが掲載され、天野篤医師(順天堂大学順天堂医院)、副島京子医師(杏林大学病院)、谷川緑野医師(札幌禎心会病院)、村山雄一医師(東京慈恵会医科大学病院)が登場。また、脳卒中では、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍。心臓病では、狭心症・心筋梗塞、心臓弁膜症、大動脈瘤・解離、不整脈と、病気ごとに症状、サイン、治療法などを徹底解説している。

 全国2059病院の手術数ランキングでは、脳動脈瘤(くも膜下出血)治療、脳腫瘍手術、心臓手術、心カテーテル治療、心筋焼灼術、ペースメーカー治療と、治療法ごとに治療数、種類、常勤医数のデータを掲載。

 患者にとって大いに参考になる情報が詰まっている。(朝日新聞出版 907円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る