「歌舞伎一年生」中川右介著

公開日:  更新日:

 前知識がなくても「まずは見てみよう」と、チケットの買い方から手ほどきする歌舞伎入門書。

 世間一般でいう歌舞伎とは、「日本俳優協会」に所属する役者が出演し、株式会社松竹が興行しているもの。そんな歌舞伎の定義に始まり、2万円から4000円まで、そしてさらに格安の「一幕見」まである各種チケット、歌舞伎座の公演サイクルなどの基礎知識を解説。さらに、歌舞伎には「海老蔵の出る歌舞伎と、そうではない歌舞伎」の2種類があると、市川海老蔵の役者としての存在感など、劇場に足を運んでこそ分かるポイントや見どころを紹介しながら、その奥深い魅力を語る。(筑摩書房 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る