• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「歌舞伎一年生」中川右介著

 前知識がなくても「まずは見てみよう」と、チケットの買い方から手ほどきする歌舞伎入門書。

 世間一般でいう歌舞伎とは、「日本俳優協会」に所属する役者が出演し、株式会社松竹が興行しているもの。そんな歌舞伎の定義に始まり、2万円から4000円まで、そしてさらに格安の「一幕見」まである各種チケット、歌舞伎座の公演サイクルなどの基礎知識を解説。さらに、歌舞伎には「海老蔵の出る歌舞伎と、そうではない歌舞伎」の2種類があると、市川海老蔵の役者としての存在感など、劇場に足を運んでこそ分かるポイントや見どころを紹介しながら、その奥深い魅力を語る。(筑摩書房 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

もっと見る