• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「聖なる怠け者の冒険」森見登美彦著

 土曜の朝、企業の研究員・小和田君が目覚めると、小学校の校庭で椅子に縛られ、目の前にはタヌキのお面をつけた怪人「ぽんぽこ仮面」がいた。1年前、京都の町に現れた怪人は、神出鬼没で、困った人に手を差し伸べる親切な正義の味方だった。ひょんなことから怪人と知り合った小和田君は、怪人から後継者になるよう要請されたが、元来の怠け者ゆえ、かたくなに拒み続けていたのだ。それでもあきらめない怪人が強硬手段に出たようだ。2人が押し問答していると、若い女性が突然、怪人に抱きついてきた。彼女はある人物から怪人の正体を探るよう依頼された探偵事務所の助手・玉川さんだった。

 祇園祭の宵山で賑わう京都を舞台に小和田の長い一日を描いた長編小説。(朝日新聞出版 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  9. 9

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る