「聖なる怠け者の冒険」森見登美彦著

公開日: 更新日:

 土曜の朝、企業の研究員・小和田君が目覚めると、小学校の校庭で椅子に縛られ、目の前にはタヌキのお面をつけた怪人「ぽんぽこ仮面」がいた。1年前、京都の町に現れた怪人は、神出鬼没で、困った人に手を差し伸べる親切な正義の味方だった。ひょんなことから怪人と知り合った小和田君は、怪人から後継者になるよう要請されたが、元来の怠け者ゆえ、かたくなに拒み続けていたのだ。それでもあきらめない怪人が強硬手段に出たようだ。2人が押し問答していると、若い女性が突然、怪人に抱きついてきた。彼女はある人物から怪人の正体を探るよう依頼された探偵事務所の助手・玉川さんだった。

 祇園祭の宵山で賑わう京都を舞台に小和田の長い一日を描いた長編小説。(朝日新聞出版 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  7. 7

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  8. 8

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  9. 9

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  10. 10

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る