「闇に香る嘘」下村敦史著

公開日:

 69歳の村上は、透析が欠かせない孫の夏帆に腎臓移植するため検査を受けるが不適合と診断されてしまう。村上の娘で一人で夏帆を育てる由香里から移植された腎臓は拒絶反応を起こし、1年半しかもたなかったのだ。夏帆を救いたい村上は、岩手の実家で老母と暮らす兄の竜彦を訪ね、腎臓を提供してほしいと頭を下げる。

 しかし、兄は適合検査さえ、かたくなに拒む。村上はそんな兄と話すうちに、次第に目の前の男が本当に自分の兄なのか疑念を抱き始める。戦後、満州で生き別れになった兄は中国残留孤児として27年前に帰国。母は兄と疑っていないが、41歳で盲目となった村上には確かめる術がない。

 第60回江戸川乱歩賞受賞作の長編ミステリー。(講談社 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る