• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ドキュメントTPP交渉」鯨岡仁著

 今月4日の衆院TPP特別委員会で、自公と維新が強行可決したTPP承認案と関連法案。黒塗りの資料に象徴されるように、内容も明かされず、たいした論議もなされないまま結論を急ぐ政府の姿勢に、疑問の声が広がっている。そもそも、TPPは、誰が、どのように構想したのか。過去6年間、TPP交渉の取材にかかわった著者が、TPP交渉の足跡から、今後のアジア経済覇権の行方を探った本だ。

 2012年末、政権に返り咲いた安倍首相は、オバマとの直接交渉を経て当初反対していたはずのTPPを、安全保障と並ぶ日米同盟の二本柱として位置づけた。一方の米国は米国抜きのアジア経済圏の経済統合の機運を懸念。アジアインフラ投資銀行の設立を通して、中国を中心とした経済圏の形をつくろうとする中国がTPPの陰の主役であり、アジア太平洋の経済ルールを先に作ってしまいたい日米の意向が一致したところにTPPの狙いがあったと本書は指摘する。(東洋経済新報社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る