「ドキュメントTPP交渉」鯨岡仁著

公開日:

 今月4日の衆院TPP特別委員会で、自公と維新が強行可決したTPP承認案と関連法案。黒塗りの資料に象徴されるように、内容も明かされず、たいした論議もなされないまま結論を急ぐ政府の姿勢に、疑問の声が広がっている。そもそも、TPPは、誰が、どのように構想したのか。過去6年間、TPP交渉の取材にかかわった著者が、TPP交渉の足跡から、今後のアジア経済覇権の行方を探った本だ。

 2012年末、政権に返り咲いた安倍首相は、オバマとの直接交渉を経て当初反対していたはずのTPPを、安全保障と並ぶ日米同盟の二本柱として位置づけた。一方の米国は米国抜きのアジア経済圏の経済統合の機運を懸念。アジアインフラ投資銀行の設立を通して、中国を中心とした経済圏の形をつくろうとする中国がTPPの陰の主役であり、アジア太平洋の経済ルールを先に作ってしまいたい日米の意向が一致したところにTPPの狙いがあったと本書は指摘する。(東洋経済新報社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る