「聖域 関東連合の金脈とVIPコネクション」柴田大輔著

公開日: 更新日:

 元最高幹部が、関東連合の経済界進出と著名人たちとの交流を赤裸々に明かした手記。

 2000年3月、特別少年院に収容されていた著者は、2年3カ月の刑期を終え出院。その日からグループに戻り、先輩に勧められAVプロダクションの経営に乗りだす。やがて、芸能プロダクション、そしてネット広告を手掛けるIT事業に手を広げ、連結決算で売り上げ40億円を達成する。しかし、朝青龍事件や海老蔵事件などの影響で自由に経済活動が出来なくなり、会社を手放したという。上場会社の元社長や芸能界の重鎮との交流、暴力団との抗争、そして世間を震撼させた六本木襲撃事件の真相などにも触れながら、関東連合の金脈を記した3部作完結編。(宝島社 1380円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  3. 3

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  4. 4

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  7. 7

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  8. 8

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  9. 9

    “キュン”の達人 星野源×綾野剛ドラマは「恋つづ」超えるか

  10. 10

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

もっと見る