「聖域 関東連合の金脈とVIPコネクション」柴田大輔著

公開日:

 元最高幹部が、関東連合の経済界進出と著名人たちとの交流を赤裸々に明かした手記。

 2000年3月、特別少年院に収容されていた著者は、2年3カ月の刑期を終え出院。その日からグループに戻り、先輩に勧められAVプロダクションの経営に乗りだす。やがて、芸能プロダクション、そしてネット広告を手掛けるIT事業に手を広げ、連結決算で売り上げ40億円を達成する。しかし、朝青龍事件や海老蔵事件などの影響で自由に経済活動が出来なくなり、会社を手放したという。上場会社の元社長や芸能界の重鎮との交流、暴力団との抗争、そして世間を震撼させた六本木襲撃事件の真相などにも触れながら、関東連合の金脈を記した3部作完結編。(宝島社 1380円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る