「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」栗原類著

公開日:

 栗原類は17歳のとき「ネガティブキャラ」でブレークし、モデル、タレント、役者として「輝ける場所」を見つけた。だがそれは、並大抵の道のりではなかった。

 イギリス人の父と日本人の母との間に生まれた類は、ニューヨークの小学校に通っていた8歳のとき、発達障害と診断された。感覚が過敏でこだわりが強い。衝動を抑え切れない。コミュニケーションが苦手。何でもすぐに忘れてしまう。勉強に興味がない。母はそんな類に、「何でこんなこともできないの?」とは言わず、息子のよい部分を見つけ、できることを褒めた。ゲームをやりたいだけやらせ、アニメを見たいだけ見せ、石や動物に興味を示せば博物館や動物園に連れていった。

 発達障害への理解が日本よりはるかに進んでいるアメリカの環境も幸いした。小学校の担任は、笑わない類にコメディーを見ることを勧め、そのことが「いつか素晴らしいコメディー俳優になる」という夢につながった。

 映画「ファインディング・ニモ」を見たとき、類は何でも忘れてしまう魚「ドリー」が面白くて笑った。母は類とドリーの共通点を話して聞かせ、気づきを与えた。

 11歳のとき日本に帰国。中学時代にモデルの仕事をするようになったが、どう頑張っても忘れ物をしたり、遅刻したり。それでも母や主治医、マネジャーなど、周囲の理解とサポートを得て、類は活動の場を広げていく。同世代の友達とも付き合えるようになった。将来一人暮らしができるように、母はあえて数日家を空け、自立の訓練も始めた。

 栗原類と母の半生記は、貴重なケーススタディーとして、発達障害を抱える人とその家族に光を投げかけている。(KADOKAWA 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る