「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」栗原類著

公開日:

 栗原類は17歳のとき「ネガティブキャラ」でブレークし、モデル、タレント、役者として「輝ける場所」を見つけた。だがそれは、並大抵の道のりではなかった。

 イギリス人の父と日本人の母との間に生まれた類は、ニューヨークの小学校に通っていた8歳のとき、発達障害と診断された。感覚が過敏でこだわりが強い。衝動を抑え切れない。コミュニケーションが苦手。何でもすぐに忘れてしまう。勉強に興味がない。母はそんな類に、「何でこんなこともできないの?」とは言わず、息子のよい部分を見つけ、できることを褒めた。ゲームをやりたいだけやらせ、アニメを見たいだけ見せ、石や動物に興味を示せば博物館や動物園に連れていった。

 発達障害への理解が日本よりはるかに進んでいるアメリカの環境も幸いした。小学校の担任は、笑わない類にコメディーを見ることを勧め、そのことが「いつか素晴らしいコメディー俳優になる」という夢につながった。

 映画「ファインディング・ニモ」を見たとき、類は何でも忘れてしまう魚「ドリー」が面白くて笑った。母は類とドリーの共通点を話して聞かせ、気づきを与えた。

 11歳のとき日本に帰国。中学時代にモデルの仕事をするようになったが、どう頑張っても忘れ物をしたり、遅刻したり。それでも母や主治医、マネジャーなど、周囲の理解とサポートを得て、類は活動の場を広げていく。同世代の友達とも付き合えるようになった。将来一人暮らしができるように、母はあえて数日家を空け、自立の訓練も始めた。

 栗原類と母の半生記は、貴重なケーススタディーとして、発達障害を抱える人とその家族に光を投げかけている。(KADOKAWA 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る