「『毛細血管』は増やすが勝ち!」根来秀行著

公開日:  更新日:

 19世紀の著名な内科医ウィリアム・オスラーは、「人は血管とともに老いる」という名言を残した。この原文が指すのは動脈のことだが、現代の先端医学が注目するのは毛細血管であると、ハーバード大学など世界で教壇に立つ医学博士の著書は言う。

 全身の血管の中でも、毛細血管が占める割合は何と99%。全身のあらゆる細胞の0.03ミリ以内に毛細血管は存在し、全身に酸素や栄養を届け、二酸化炭素や老廃物を回収するなど、命の営みの最前線にある。毛細血管が健康でなければ、見た目の老化から免疫力の低下まで、さまざまな弊害が表れるというわけだ。

 これほど大切な毛細血管だが、実は加齢や生活習慣病による血流不足などの影響で、徐々に減少してしまう。若い頃と比べると、60代では4割減というデータもあるそうだ。しかし、日常のちょっとした工夫で毛細血管を復活させたり、質の低下を食い止めることも可能なのだという。

 そのポイントとなるのが、副交感神経を優位にして毛細血管を開き、血流をアップさせること。本書では、睡眠や入浴、運動などの項目別に、毛細血管を増やすテクニックも伝授していく。(集英社 1250円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る