「ヘルメスの相続」宮城啓著

公開日: 更新日:

 アメリカ人のレイラが、行方不明の恋人を捜して欲しいと、アウトローの公認会計士・岸の事務所を訪ねてきた。日本で合流する予定で先に来日した、恋人でフリージャーナリストのコナーと連絡が取れないというのだ。

 本業とはかけ離れた依頼だが、元勤務先の上司の紹介で、むげに断れない。仕方なく、コナーが来日前に地図に印をつけていた3カ所を巡ってみる。五反田の美術館と宗教団体が入居する芝大門のビル、そしてヤクザが不法占拠する銀座のビルの3カ所だが、コナーとの関係は分からない。登記簿を調べると、旧華族の元所有地に立つ美術館と芝大門のビルは千年地所という会社と関わりがあることが分かる。

 岸が思わぬことから血塗られた大企業の歴史を暴くことになるクライムサスペンス。(幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

もっと見る