「ヘルメスの相続」宮城啓著

公開日:

 アメリカ人のレイラが、行方不明の恋人を捜して欲しいと、アウトローの公認会計士・岸の事務所を訪ねてきた。日本で合流する予定で先に来日した、恋人でフリージャーナリストのコナーと連絡が取れないというのだ。

 本業とはかけ離れた依頼だが、元勤務先の上司の紹介で、むげに断れない。仕方なく、コナーが来日前に地図に印をつけていた3カ所を巡ってみる。五反田の美術館と宗教団体が入居する芝大門のビル、そしてヤクザが不法占拠する銀座のビルの3カ所だが、コナーとの関係は分からない。登記簿を調べると、旧華族の元所有地に立つ美術館と芝大門のビルは千年地所という会社と関わりがあることが分かる。

 岸が思わぬことから血塗られた大企業の歴史を暴くことになるクライムサスペンス。(幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る