「ヘルメスの相続」宮城啓著

公開日:

 アメリカ人のレイラが、行方不明の恋人を捜して欲しいと、アウトローの公認会計士・岸の事務所を訪ねてきた。日本で合流する予定で先に来日した、恋人でフリージャーナリストのコナーと連絡が取れないというのだ。

 本業とはかけ離れた依頼だが、元勤務先の上司の紹介で、むげに断れない。仕方なく、コナーが来日前に地図に印をつけていた3カ所を巡ってみる。五反田の美術館と宗教団体が入居する芝大門のビル、そしてヤクザが不法占拠する銀座のビルの3カ所だが、コナーとの関係は分からない。登記簿を調べると、旧華族の元所有地に立つ美術館と芝大門のビルは千年地所という会社と関わりがあることが分かる。

 岸が思わぬことから血塗られた大企業の歴史を暴くことになるクライムサスペンス。(幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る