• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ヘルメスの相続」宮城啓著

 アメリカ人のレイラが、行方不明の恋人を捜して欲しいと、アウトローの公認会計士・岸の事務所を訪ねてきた。日本で合流する予定で先に来日した、恋人でフリージャーナリストのコナーと連絡が取れないというのだ。

 本業とはかけ離れた依頼だが、元勤務先の上司の紹介で、むげに断れない。仕方なく、コナーが来日前に地図に印をつけていた3カ所を巡ってみる。五反田の美術館と宗教団体が入居する芝大門のビル、そしてヤクザが不法占拠する銀座のビルの3カ所だが、コナーとの関係は分からない。登記簿を調べると、旧華族の元所有地に立つ美術館と芝大門のビルは千年地所という会社と関わりがあることが分かる。

 岸が思わぬことから血塗られた大企業の歴史を暴くことになるクライムサスペンス。(幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る