「テロルとゴジラ」笠井潔著

公開日:

 昨年公開された映画「シン・ゴジラ」は、興行収入80億円を超える大ヒットとなったが、この映画を巡ってさまざまな批評が展開されたのも特筆される。本書の表題作もそのひとつ。著者はすでに東日本大震災の際に、放射能汚染を「ゴジラ」に擬しつつ、過剰な同調圧力と陰湿な異物排除が混在した「ニッポン・イデオロギー」を批判した「3・11とゴジラ/大和/原子力」という評論(本書所収)を発表している。

 表題作はその議論を踏まえつつ、1954年の第1作「ゴジラ」に立ち返り、福島第1原発の事故を明瞭にモチーフにしている「シン・ゴジラ」と、74年の東アジア反日武装戦線の天皇暗殺計画をモデルにした桐山襲の小説「パルチザン伝説」(84年)の2つの作品を論じたもの。ここでは日本のラジカリズムの変転と戦後日本と米国との関係などが根源的に分析されている。

 表題作を含む小説、映画、アニメなどの文化表象論、および政治・社会思想論等を収めた最新評論集。(作品社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る