• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「テロルとゴジラ」笠井潔著

 昨年公開された映画「シン・ゴジラ」は、興行収入80億円を超える大ヒットとなったが、この映画を巡ってさまざまな批評が展開されたのも特筆される。本書の表題作もそのひとつ。著者はすでに東日本大震災の際に、放射能汚染を「ゴジラ」に擬しつつ、過剰な同調圧力と陰湿な異物排除が混在した「ニッポン・イデオロギー」を批判した「3・11とゴジラ/大和/原子力」という評論(本書所収)を発表している。

 表題作はその議論を踏まえつつ、1954年の第1作「ゴジラ」に立ち返り、福島第1原発の事故を明瞭にモチーフにしている「シン・ゴジラ」と、74年の東アジア反日武装戦線の天皇暗殺計画をモデルにした桐山襲の小説「パルチザン伝説」(84年)の2つの作品を論じたもの。ここでは日本のラジカリズムの変転と戦後日本と米国との関係などが根源的に分析されている。

 表題作を含む小説、映画、アニメなどの文化表象論、および政治・社会思想論等を収めた最新評論集。(作品社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る