• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「お寺さん崩壊」水月昭道著

 地方寺院の住職であり、研究者でもある著者が、急激に進むお寺崩壊の実態を伝えるリポート。

 お寺崩壊の原因のほとんどは、経営難。「坊主丸儲け」といわれるが、健全な財政環境を維持するには300軒の檀家が必要だという。4年前に潰れた350年の歴史を誇る福岡県の「松雲寺」(浄土真宗本願寺派)など、実際に崩壊したお寺の事情を明かしながら、お寺の収入や支出の内訳の詳細を紹介。生活ができないので、多くの住職が兼業をするが、休日は法事などで埋まり、過労死寸前だという。25年後までに宗教法人の約36%が消滅する可能性があると指摘する専門家もいる。

 そのとき、弔いやお墓の問題はどうなるのか。決して人ごとではない問題の本質に迫る。(新潮社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る