• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

心が萎えたとき読む本特集

「折れない心のつくりかた」日本ポジティブ心理学協会著、宇野カオリ監修

 春は出会いと別れの季節。職場では人事異動や配置転換などで人間関係も様変わりし、精神的負担も大きくなってストレスがたまりやすいことだろう。そこで今回は、萎えてしまった心をよみがえらせるためのヒントを探る5冊を紹介する。悩みや不安に押しつぶされそうになっているあなたは、ぜひ手に取ってみて欲しい。

 ペンシルベニア大学で考案された“逆境や困難から回復する力”を鍛える「レジリエンス・トレーニング」を分かりやすく解説する本書。

 私たちの脳は強いストレスを感じると、それを素早く取り除くために判断を急ぐ傾向にある。すると、思考にひずみが生じて事実を必要以上にネガティブにとらえる「思考のワナ」に陥りやすくなる。たとえば、「個人化」というワナでは、自分の能力や責任が及ばないことでも“自分のせい”ととらえ、罪悪感を抱いてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る