【難民文学】友人が27歳の愛人を分かち合おうと

公開日:  更新日:

 現在、ヨーロッパ各国で中東からの難民が大きな問題となっているが、70年ほど前には、ヨーロッパで大量の難民が発生し、その多くがアメリカ合衆国へ渡った。ナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人たちである。

 本書は第2次大戦後間もない1952年、ニューヨークに暮らすユダヤ人たちの物語。主人公は、東ヨーロッパに暮らすユダヤ人の日常語であるイディッシュで創作を続ける作家。同朋内では知名度も高く信頼を寄せられている。その彼のもとにやってきたのが、株の相場師をやっている年長の友人。彼は妻とかつての愛人を同じ家に住まわせ、27歳の若い愛人とも付き合っているのだが、友人は主人公とその愛人を分かち合おうと提案してきた。戸惑ったものの、主人公は、いつしかその女にのめり込んでいく。しかし、彼女には暗い過去があり、主人公の心を大きく揺さぶる……。

 著者は異国のマイノリティーとして母語で小説を書き続け、大きな文学賞を獲得した。現在、ヨーロッパに暮らす難民たちから新しい文学が生まれることを期待させる一冊。

★先週のX本はコレでした

「こびとが打ち上げた小さなボール」
チョ・セヒ著
河出書房新社 1900円+税

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る