• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【難民文学】友人が27歳の愛人を分かち合おうと

 現在、ヨーロッパ各国で中東からの難民が大きな問題となっているが、70年ほど前には、ヨーロッパで大量の難民が発生し、その多くがアメリカ合衆国へ渡った。ナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人たちである。

 本書は第2次大戦後間もない1952年、ニューヨークに暮らすユダヤ人たちの物語。主人公は、東ヨーロッパに暮らすユダヤ人の日常語であるイディッシュで創作を続ける作家。同朋内では知名度も高く信頼を寄せられている。その彼のもとにやってきたのが、株の相場師をやっている年長の友人。彼は妻とかつての愛人を同じ家に住まわせ、27歳の若い愛人とも付き合っているのだが、友人は主人公とその愛人を分かち合おうと提案してきた。戸惑ったものの、主人公は、いつしかその女にのめり込んでいく。しかし、彼女には暗い過去があり、主人公の心を大きく揺さぶる……。

 著者は異国のマイノリティーとして母語で小説を書き続け、大きな文学賞を獲得した。現在、ヨーロッパに暮らす難民たちから新しい文学が生まれることを期待させる一冊。

★先週のX本はコレでした

「こびとが打ち上げた小さなボール」
チョ・セヒ著
河出書房新社 1900円+税

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る