「みすゞと雅輔」松本侑子著

公開日:

 2014年、詩人・金子みすゞの実弟、上山雅輔の約70年にわたる膨大な日記と回想録が発見された。

 みすゞが20歳で雑誌に詩を投稿し始めてから26歳で自死を遂げるまでの時期も含まれ、本書は、その資料から明らかになった事実を基に、みすゞの語られることのなかった心情を描いた伝記小説である。

 大正中期、北原白秋や西條八十らが提唱する童謡は、子どもの自由な心を表現する新しい芸術表現として国民的な人気を得ていた。みすゞも、白秋や八十らが主宰する雑誌に詩を投稿し、当選者の常連となる。幼いときに実母の姉夫婦の養子に出され、長ずるまでみすゞを従姉と思っていた雅輔にとって、みすゞは憧れであり、淡い恋心を抱く存在だった。

 頻繁に手紙を交わし互いを励ましていたが、放蕩にかまけ結婚後のみすゞの苦悩を理解せずに彼女を死なせてしまったことは、雅輔を生涯苦しめることになる――。

 実弟の目を通して、今や国民詩人となった金子みすゞの秘められた内面に迫った力作。(新潮社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る