「みすゞと雅輔」松本侑子著

公開日:

 2014年、詩人・金子みすゞの実弟、上山雅輔の約70年にわたる膨大な日記と回想録が発見された。

 みすゞが20歳で雑誌に詩を投稿し始めてから26歳で自死を遂げるまでの時期も含まれ、本書は、その資料から明らかになった事実を基に、みすゞの語られることのなかった心情を描いた伝記小説である。

 大正中期、北原白秋や西條八十らが提唱する童謡は、子どもの自由な心を表現する新しい芸術表現として国民的な人気を得ていた。みすゞも、白秋や八十らが主宰する雑誌に詩を投稿し、当選者の常連となる。幼いときに実母の姉夫婦の養子に出され、長ずるまでみすゞを従姉と思っていた雅輔にとって、みすゞは憧れであり、淡い恋心を抱く存在だった。

 頻繁に手紙を交わし互いを励ましていたが、放蕩にかまけ結婚後のみすゞの苦悩を理解せずに彼女を死なせてしまったことは、雅輔を生涯苦しめることになる――。

 実弟の目を通して、今や国民詩人となった金子みすゞの秘められた内面に迫った力作。(新潮社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る