【宗教】欧州世界を覆う反ユダヤ主義の起源

公開日:

 旧約聖書がユダヤ教およびキリスト教の正典であることは周知だ。ことにユダヤ教徒にとっては自分たち民族の精神的な基盤とされている。ところが、その聖書の中でもっとも崇敬される指導者が、ユダヤ人ではなくエジプト人だったとしたら?

 一見、荒唐無稽に思えるかもしれないが、実はヨーロッパ世界においては、古来この説が脈々と語り継がれてきたのである。本書は、この説がどのようにして生まれ、それが人々の記憶にどう受け継がれてきたのかを明らかにしたもの。といって、いわゆるトンデモ本ではなく、極めて学術的な研究書である。

 著者が着目するのは紀元前14世紀、多神教を旨とした古代エジプト王朝に突然出現した一神教。この一神教革命は短期のうちについえるのだが、その精神はユダヤ教、キリスト教、イスラム教へ継承され、排他的な一神教が確立される。またヨーロッパ世界を覆う反ユダヤ主義の起源ともなっている……。著者はこうした系譜を、文献史学ではなく記憶史というユニークな方法で論述していく。知的興奮に満ちた書。

★先週のX本はコレでした
「絞首人」
シャーリイ・ジャクスン著
文遊社 1800円+税

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る