• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「奇想博物館 日本ベストミステリー選集」日本推理作家協会編

 小学4年の「僕」の同級生、岡田君は女子全員のランドセルにいたずら書きをしたり、校門に青ペンキを塗りつけたりと奇行が目立つ。海外出張のお父さんに電話でそのことを話すと、お父さんは岡田君がなぜランドセルにいたずら書きをしたのか、その謎を解いてくれた。お母さんは知らないが、商社勤務のお父さんの本当の仕事はスパイなのだ。電話を切る間際、お父さんは担任の弓子先生に気をつけるよう僕に忠告する。

 数日後の放課後、町中で会った岡田君に弓子先生のことを尋ねてみると、岡田君は驚いて、僕を学校近くのスーパーの屋上に連れていった……。(伊坂幸太郎著「小さな兵隊」)

 他にも大沢在昌など人気作家15人が競演する豪華なアンソロジー。(光文社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る