「奇想博物館 日本ベストミステリー選集」日本推理作家協会編

公開日: 更新日:

 小学4年の「僕」の同級生、岡田君は女子全員のランドセルにいたずら書きをしたり、校門に青ペンキを塗りつけたりと奇行が目立つ。海外出張のお父さんに電話でそのことを話すと、お父さんは岡田君がなぜランドセルにいたずら書きをしたのか、その謎を解いてくれた。お母さんは知らないが、商社勤務のお父さんの本当の仕事はスパイなのだ。電話を切る間際、お父さんは担任の弓子先生に気をつけるよう僕に忠告する。

 数日後の放課後、町中で会った岡田君に弓子先生のことを尋ねてみると、岡田君は驚いて、僕を学校近くのスーパーの屋上に連れていった……。(伊坂幸太郎著「小さな兵隊」)

 他にも大沢在昌など人気作家15人が競演する豪華なアンソロジー。(光文社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

もっと見る