「奇想博物館 日本ベストミステリー選集」日本推理作家協会編

公開日:

 小学4年の「僕」の同級生、岡田君は女子全員のランドセルにいたずら書きをしたり、校門に青ペンキを塗りつけたりと奇行が目立つ。海外出張のお父さんに電話でそのことを話すと、お父さんは岡田君がなぜランドセルにいたずら書きをしたのか、その謎を解いてくれた。お母さんは知らないが、商社勤務のお父さんの本当の仕事はスパイなのだ。電話を切る間際、お父さんは担任の弓子先生に気をつけるよう僕に忠告する。

 数日後の放課後、町中で会った岡田君に弓子先生のことを尋ねてみると、岡田君は驚いて、僕を学校近くのスーパーの屋上に連れていった……。(伊坂幸太郎著「小さな兵隊」)

 他にも大沢在昌など人気作家15人が競演する豪華なアンソロジー。(光文社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る