• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バードウオッチングがしたくなる文庫図鑑

「日本のかわいい鳥 世界の綺麗な鳥」上田恵介著

 鳴き声の美しさで知られる「日本三鳴鳥」をすべて言えますか? ウグイスはすぐに浮かぶとして、あとの2羽は難しい。

 答えは、鳴き声が馬のいななきに聴こえるのでその名がついたコマドリと、渓流沿いの枯れ木などで独唱するオオルリ。

 鳴き声だけでなく、顔の部分が赤銅色のコマドリも、その名の通り体全体が瑠璃色のグラデーションで彩られたオオルリも、容姿も美しく、天から二物を与えられた例だ。

 本書は、そんな日本の可愛い鳥から、芸術品のような世界各地の美しい鳥まで、135種を紹介するビジュアル文庫。

 シジュウカラのように公園などでよく見かける身近な鳥も、じっくりと観察してみると、なんとも愛らしい。一方で、低い山の林に住むのだが警戒心が強くめったに見ることができない「ヤマドリ」など、バードウオッチング心をかき立てる鳥まで、美しい写真で紹介。

 かつては山地の深い森でしか出合うことがなかったが、近年は分布が広がっているキビタキや、住宅地や市街地の公園などにも群れで出現するヒレンジャクなど、見ているうちに鳥に興味がなかった人も、その魅力に気づかされるに違いない。

 さらに、ビロードのようなレース状の羽毛マントを広げて求愛するニューギニアのアオフウチョウや、長い2本の尾にラケット状の羽がついたペルーのオナガラケットハチドリ、翡翠色の宝石のように美しさと気高さを感じるグアテマラの国鳥「ケツァール」など、世界にはとても自然の造形物とは思えない息をのむような美しさの鳥たちがいる。

 旅先にも携行できる文庫サイズで、バードウオッチングの参考書に最適。鳥の鳴き声を耳にしたら、あたりの木々に目を凝らしてみよう。きっとこれまでと違う世界が開けてくるに違いない。(大和書房 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る