バードウオッチングがしたくなる文庫図鑑

公開日: 更新日:

「日本のかわいい鳥 世界の綺麗な鳥」上田恵介著

 鳴き声の美しさで知られる「日本三鳴鳥」をすべて言えますか? ウグイスはすぐに浮かぶとして、あとの2羽は難しい。

 答えは、鳴き声が馬のいななきに聴こえるのでその名がついたコマドリと、渓流沿いの枯れ木などで独唱するオオルリ。

 鳴き声だけでなく、顔の部分が赤銅色のコマドリも、その名の通り体全体が瑠璃色のグラデーションで彩られたオオルリも、容姿も美しく、天から二物を与えられた例だ。

 本書は、そんな日本の可愛い鳥から、芸術品のような世界各地の美しい鳥まで、135種を紹介するビジュアル文庫。

 シジュウカラのように公園などでよく見かける身近な鳥も、じっくりと観察してみると、なんとも愛らしい。一方で、低い山の林に住むのだが警戒心が強くめったに見ることができない「ヤマドリ」など、バードウオッチング心をかき立てる鳥まで、美しい写真で紹介。

 かつては山地の深い森でしか出合うことがなかったが、近年は分布が広がっているキビタキや、住宅地や市街地の公園などにも群れで出現するヒレンジャクなど、見ているうちに鳥に興味がなかった人も、その魅力に気づかされるに違いない。

 さらに、ビロードのようなレース状の羽毛マントを広げて求愛するニューギニアのアオフウチョウや、長い2本の尾にラケット状の羽がついたペルーのオナガラケットハチドリ、翡翠色の宝石のように美しさと気高さを感じるグアテマラの国鳥「ケツァール」など、世界にはとても自然の造形物とは思えない息をのむような美しさの鳥たちがいる。

 旅先にも携行できる文庫サイズで、バードウオッチングの参考書に最適。鳥の鳴き声を耳にしたら、あたりの木々に目を凝らしてみよう。きっとこれまでと違う世界が開けてくるに違いない。(大和書房 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る