星条旗の星の一つは赤い丸になるだろう

公開日:

「憲法くん」松元ヒロ著 講談社

 いま、最もシャープな笑いを提供しているのは松元ヒロである。その持ちネタの一つが、自らが“日本国憲法”になる「憲法くん」だが、彼はいま、困っているのではないか。それは、安倍晋三が笑えない喜劇を連発しているからである。シロをクロと言い、クロをシロと言う。これでは笑いは成り立たない。

 安倍は笑いがない人で、むしろ、笑われる人だが、笑いを締めつけることに熱心である。統制論者なのだ。

 たとえば、昭和天皇が亡くなった時、殺されたのは笑いだった。

 そう言ったら、松元は「はいはい、歌舞音曲の自粛。そうでしたね。笑いを抑えますね。笑いものにするなとか、真面目になれとか」と答え、こう続けた。

「いつもそうですよね。軍国主義に進むということは真面目になれということで、お笑いというのはそれと一番対極にありますね」

 だから、安倍の敵は松元ヒロなんだ、と水を向けたら、松元は「ヘッヘッヘッ。うれしいことですね。そのくらい向こうが思ってくれているかどうか、私は敵だと思っていますけどね」と肯定した。

 新宿の紀伊國屋ホールなどでのライブは満席になるが、松元の芸を見に来て楽屋にやってきたディレクターたちは「いやぁ、面白かった。しかし、絶対テレビには出せない」と異口同音に語っていくという。

 弱肉強食の新自由主義ならぬ原始自由主義の下、強い者はどんどん強く、大きい会社はますます大きくなる。グローバル化とやらで、日本は米国に吸収されるかもしれない。

 いや、安倍はむしろ、それを望んでいるのではないか。

 もし、合併されれば国旗も国歌も変わる。国旗は、米国の星条旗の一つの星が赤い丸になるだろう。国歌は頑張って、曲はしょうがないとしても、詞は「君が代」にしてもらう。

 そう前提した松元には「星条旗よ永遠なれ」のメロディーで、「君が代は千代に八千代に」と歌い始めるネタも備わっている。

 松元が心配しているごとく、憲法をリストラする動きが強くなっているが、この童話が広く読まれることを期待したい。★★★(選者・佐高信)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る