「歩いてわかった地球のなぜ!?」松本 穂高著

公開日: 更新日:

 佐渡島は「花の島」と呼ばれ、春にはニリンソウ、夏にはクルマユリ、秋にはリンドウと本州では高山でしか見られない植物の花が咲く。

 ではなぜ、標高1000メートルにも満たない山地に高山植物が生育するのだろうか。答えは、冬の季節風によりもたらされる大量の雪。シベリア気団からの湿気を帯びた季節風が佐渡島の北側に大量の雪を降らせ、初夏まで雪が残るために、山には大木になるような植物が入ることができず、そこに高山植物の生育できる環境がつくられているからだ。

 他にも、赤道の国エクアドルに雪が降る理由、オーストラリアの「風の谷」に古代から先住民アボリジニが住み続ける理由、ペンギンが南極だけにいる理由など、50の地球に関する素朴な疑問に答える。高校の地理教員向けの連載を再構成して出版。掲載写真はすべて著者撮影。(山川出版社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る

人気キーワード