「歩いてわかった地球のなぜ!?」松本 穂高著

公開日: 更新日:

 佐渡島は「花の島」と呼ばれ、春にはニリンソウ、夏にはクルマユリ、秋にはリンドウと本州では高山でしか見られない植物の花が咲く。

 ではなぜ、標高1000メートルにも満たない山地に高山植物が生育するのだろうか。答えは、冬の季節風によりもたらされる大量の雪。シベリア気団からの湿気を帯びた季節風が佐渡島の北側に大量の雪を降らせ、初夏まで雪が残るために、山には大木になるような植物が入ることができず、そこに高山植物の生育できる環境がつくられているからだ。

 他にも、赤道の国エクアドルに雪が降る理由、オーストラリアの「風の谷」に古代から先住民アボリジニが住み続ける理由、ペンギンが南極だけにいる理由など、50の地球に関する素朴な疑問に答える。高校の地理教員向けの連載を再構成して出版。掲載写真はすべて著者撮影。(山川出版社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る