「人生なんてくそくらえ」丸山健二著

公開日: 更新日:

「本物の人生」とは何かを考察した孤高の作家による人生論。

 冒頭、「そもそもこの世におけるおのれのこうした形の存在をどう思うか」を読者に問う。子どもをこの世に送り出した親の真意を疑い、「親が在っての自分という発想は、国家が在っての国民というとんでもない答えに直結する最大の悪」と説く。家庭環境がどうであれ、学業を終えたら速やかに実家を離れよと勧める。実家を離脱する行為は、脱皮と酷似しており、苦痛が伴うが、「人生なんてくそくらえ!」と怒鳴れば不思議と腹が決まるはずだと。

 その他、国家とは何か、働くことの意味、そして恋愛や性まで、若者らに向けて、この世の常識を疑い、自分自身の人生を歩むための思索の道筋を示す。(朝日新聞出版 560円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る