「人生なんてくそくらえ」丸山健二著

公開日:

「本物の人生」とは何かを考察した孤高の作家による人生論。

 冒頭、「そもそもこの世におけるおのれのこうした形の存在をどう思うか」を読者に問う。子どもをこの世に送り出した親の真意を疑い、「親が在っての自分という発想は、国家が在っての国民というとんでもない答えに直結する最大の悪」と説く。家庭環境がどうであれ、学業を終えたら速やかに実家を離れよと勧める。実家を離脱する行為は、脱皮と酷似しており、苦痛が伴うが、「人生なんてくそくらえ!」と怒鳴れば不思議と腹が決まるはずだと。

 その他、国家とは何か、働くことの意味、そして恋愛や性まで、若者らに向けて、この世の常識を疑い、自分自身の人生を歩むための思索の道筋を示す。(朝日新聞出版 560円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る