北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「サイレント(上・下)」カリン・スローター著、田辺千幸訳

公開日: 更新日:

 警察小説である。アメリカの田舎町で湖から若い女性の死体が発見されるのが冒頭。容疑者として若い男が逮捕されるが、男は留置場で自殺。壁には無実を訴えるメッセージが血で書かれていた。地元警察の失態だとして、ジョージア州捜査局の特別捜査官ウィルが現地に赴くことになるが、地元警察はよそ者を歓迎せず、積極的な協力もしないからウィルは孤軍奮闘。そういう話だが、相変わらず一気読みの面白さで、読み始めたらやめられなくなる。

 相変わらず、というのは、これが特別捜査官ウィルを主人公とするシリーズだからである。もっとも続いているわけではないので、本書で初めてカリン・スローターを読む人でも大丈夫。たとえば、本書で異彩を放つのはサラ・リントンで、夫ジェフリーの死は地元警察のレナに原因があるといまでも彼女は考えていて、ずっとレナを敵視。 今回の容疑者の死もレナの失態だとサラは考えている。この女を警察から追放しなければ今後も問題が生じるだろうと言うサラの濃い感情が、本書を異色の警察小説にしている点は見逃せない。ところが、サラの夫ジェフリーがどのように亡くなったのか、その巻は未訳なので私たちは知らないのだ。それでもこれだけ読ませるのである。だから大丈夫。

 これを読んで面白ければ、とりあえず前作の「ハンティング」を読まれたい。こちらも面白いぞ。

(ハーパーコリンズ・ジャパン各861円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る

人気キーワード