北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「フェイスレス」黒井卓司著

公開日:

 あなたが、先輩の婚約者に思いを寄せていたとする。ひそかな片思いで終わると思っていたら、ある日3人が乗っていた車が事故を起こし、先輩だけが死亡する。こうなると、残された2人が、時間はかかるものの、結ばれたとしても不思議ではない。先輩には申し訳ないが、こういうふうになったことを、あなたは喜ぶかも。

 しかし、もしも、死んだはずの先輩があなたの前に現れたらどうする? 喜んでいる場合ではない。現実にはそんなことは起こりえないが、小説ではしばしば起こる。

 たとえば、この世界がもう一つほかにあって、その「向こう側の世界」では、「こちら側の世界」とほんの少し違っていたら? つまりパラレルワールドだ。

 こちら側では先輩が事故で亡くなったが、向こう側の事故ではヒロインが亡くなっているのだ。だから先輩は婚約者に会いにこちら側にやってくる。彼女のいない世界はつらすぎると。さあ、あなたはどうする?

 本書はそういう話だが、意図的に紹介を省いた個所がある。向こう側からやってくるのは先輩だけではないのだ。瞬間進化して殺人マシンと化したアリがやってくるのだ。なぜか、ということは本書を読まれたい。その背景には、それぞれの世界の思惑があり、それが複雑に絡み合っているのである。いやあ、面白い。

 単行本はこれがまだ2冊目という新人作家だが、この才能に注目しておきたい。(KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る