• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「フェイスレス」黒井卓司著

 あなたが、先輩の婚約者に思いを寄せていたとする。ひそかな片思いで終わると思っていたら、ある日3人が乗っていた車が事故を起こし、先輩だけが死亡する。こうなると、残された2人が、時間はかかるものの、結ばれたとしても不思議ではない。先輩には申し訳ないが、こういうふうになったことを、あなたは喜ぶかも。

 しかし、もしも、死んだはずの先輩があなたの前に現れたらどうする? 喜んでいる場合ではない。現実にはそんなことは起こりえないが、小説ではしばしば起こる。

 たとえば、この世界がもう一つほかにあって、その「向こう側の世界」では、「こちら側の世界」とほんの少し違っていたら? つまりパラレルワールドだ。

 こちら側では先輩が事故で亡くなったが、向こう側の事故ではヒロインが亡くなっているのだ。だから先輩は婚約者に会いにこちら側にやってくる。彼女のいない世界はつらすぎると。さあ、あなたはどうする?

 本書はそういう話だが、意図的に紹介を省いた個所がある。向こう側からやってくるのは先輩だけではないのだ。瞬間進化して殺人マシンと化したアリがやってくるのだ。なぜか、ということは本書を読まれたい。その背景には、それぞれの世界の思惑があり、それが複雑に絡み合っているのである。いやあ、面白い。

 単行本はこれがまだ2冊目という新人作家だが、この才能に注目しておきたい。(KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る