「男であれず、女になれない」鈴木信平著

公開日: 更新日:

 著者は36歳で男性器を摘出した。女になりたいわけではなく「私」になりたかったのだ。中学入学のときに丸刈りにされるのを恐れたが、その制度は中止になった。だが、高校で男子クラスに入れられて男性性の自覚を求められ、登校できなくなって中退する。いじめがあったわけではなく、むしろ周囲は優しかったのだが。

 性同一性障害の団体やゲイの世界にも自分の居場所を見つけることはできず、自分が男であれず、女になれないことに気づいた。そのときから著者は性別を「持つからこそ受け取れること」に別れを告げて、30代を笑ってすごそうと決心する。

 心と体の不一致に苦悩する自分の内面を見つめたノンフィクション。(小学館 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    自公議員が銀座でハシゴ酒…芸能人は“音沙汰なし”のナゼ

  9. 9

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  10. 10

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

もっと見る

人気キーワード