「男であれず、女になれない」鈴木信平著

公開日:  更新日:

 著者は36歳で男性器を摘出した。女になりたいわけではなく「私」になりたかったのだ。中学入学のときに丸刈りにされるのを恐れたが、その制度は中止になった。だが、高校で男子クラスに入れられて男性性の自覚を求められ、登校できなくなって中退する。いじめがあったわけではなく、むしろ周囲は優しかったのだが。

 性同一性障害の団体やゲイの世界にも自分の居場所を見つけることはできず、自分が男であれず、女になれないことに気づいた。そのときから著者は性別を「持つからこそ受け取れること」に別れを告げて、30代を笑ってすごそうと決心する。

 心と体の不一致に苦悩する自分の内面を見つめたノンフィクション。(小学館 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る