• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「男であれず、女になれない」鈴木信平著

 著者は36歳で男性器を摘出した。女になりたいわけではなく「私」になりたかったのだ。中学入学のときに丸刈りにされるのを恐れたが、その制度は中止になった。だが、高校で男子クラスに入れられて男性性の自覚を求められ、登校できなくなって中退する。いじめがあったわけではなく、むしろ周囲は優しかったのだが。

 性同一性障害の団体やゲイの世界にも自分の居場所を見つけることはできず、自分が男であれず、女になれないことに気づいた。そのときから著者は性別を「持つからこそ受け取れること」に別れを告げて、30代を笑ってすごそうと決心する。

 心と体の不一致に苦悩する自分の内面を見つめたノンフィクション。(小学館 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る