「下山事件 暗殺者たちの夏」柴田哲孝著

公開日: 更新日:

 昭和24年5月、行政機関の職員26万余人を整理する「定員法」が可決。時同じくして「日本国有鉄道公社」が発足、初代総裁に下山定則が就任する。10万人規模の人員整理を課せられた下山は、国鉄労働組合の右派勢力の情報を集める一方、日本交通公社を通じて旧満州鉄道の残党が設立した出版社に裏金が流れている証拠を掴む。出版社の背後には、GHQのG2(参謀第2部)直属の特務機関の総帥・矢板が社長を務める亜細亜産業がいた。下山の不穏な動きに気付いた矢板は、機関のメンバーを動かす。

 事件関係者を祖父に持つ著者が、昭和史最大の謎の真相に迫る長編小説。文庫Xで話題となったノンフィクション「下山事件 最後の証言<完全版>」と対をなす力作。(祥伝社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る