「下山事件 暗殺者たちの夏」柴田哲孝著

公開日:  更新日:

 昭和24年5月、行政機関の職員26万余人を整理する「定員法」が可決。時同じくして「日本国有鉄道公社」が発足、初代総裁に下山定則が就任する。10万人規模の人員整理を課せられた下山は、国鉄労働組合の右派勢力の情報を集める一方、日本交通公社を通じて旧満州鉄道の残党が設立した出版社に裏金が流れている証拠を掴む。出版社の背後には、GHQのG2(参謀第2部)直属の特務機関の総帥・矢板が社長を務める亜細亜産業がいた。下山の不穏な動きに気付いた矢板は、機関のメンバーを動かす。

 事件関係者を祖父に持つ著者が、昭和史最大の謎の真相に迫る長編小説。文庫Xで話題となったノンフィクション「下山事件 最後の証言<完全版>」と対をなす力作。(祥伝社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る