オーケストラの裏方仕事にスポット

公開日:  更新日:

「女神のタクト」塩田武士著 講談社文庫660円+税

 現在、日本オーケストラ連盟には正・準会員合わせて36のプロオーケストラが加盟しているが、そのほとんどが補助金に頼り、財政的には厳しい状況にあるといわれている。多くの楽団員の給料も含め、大所帯の組織を維持していくことは容易ではない。まして、連盟に所属していない地方の小さなオーケストラとなれば推して知るべしである。本書は、そんな地方の弱小オーケストラが舞台。

【あらすじ】矢吹明菜は30歳にして「職」と「男」を同時に失った。ヤケで傷心の旅に出た明菜は、明石の海岸でiPodでラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を聴いていた老人、白石麟太郎と出会う。

 その白石から持ちかけられたアルバイトは、ある男を京都から神戸に連れてくるという簡単なもの。男は現在活動休止中の新進気鋭のマエストロ、一宮拓斗。拓斗を、職員に資金を持ち逃げされ瀕死状態のオーケストラ「オルケストラ神戸」の指揮者に迎え、起死回生を図ろうというのが白石のもくろみだった。

 明菜は持ち前の強引さで、嫌がる拓斗を脅しつけて了承させる。とはいえ、クリスマスの自主公演まで時間もないし予算もない。行きがかり上、明菜もスタッフの一員となり、ないない尽くしのオーケストラが公演開催に向けて一丸となっていく。

 何とか破格の料金で会場を確保したものの、予想外の事態が次々と起こり、明菜たちスタッフは窮地に追い込まれる……。

【読みどころ】あまり知られることのないオーケストラの裏方仕事が丁寧に書かれているのがユニーク。

 それ以上に、明菜、白石、拓斗、それぞれの音楽に対するひとかたならぬ思いが物語の重要な核となり、それらがひとつになって最後、大きな感動を引き起こす。 <石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る