北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

公開日:

 諸国の飢餓干ばつは凄まじく、政情不安の続く平安の世に、菅原道真をまつる社が出来ても不思議ではない。遠く太宰府で亡くなった不遇の右大臣の怨霊を鎮めなければもっと悪いことが起こる、となれば人々は大枚の金を積むようになるだろう。

 そう考える者が現れてもおかしくはない。いつの時代にも知恵者はいる。神の粗製乱造は風紀を乱すとして取り締まりが厳しいが、まつる対象が菅原道真では役人もおそれて近づくまい。

 というわけで菅原道真をまつる北野社がつくられるが、集まってくる人間たちの中には金儲け以外の動機もあったりするから、ややこしい。不遇の菅原一族の中に、亡き道真の神祭りに成功すれば浮かぶ世もある、と考える者もいるのである。ならば早く手をつけるにこしたことはない。と、一族内の争いが始まったりもする。

 あの北野天満宮がこんなふうに始まったのかと思うと、複雑な感慨がこみ上げるが、澤田瞳子のうまさは、そこに一人の巫女を絡ませることだ。それが本書のヒロイン、綾児だ。

 彼女は色を売って暮らす似非巫女である。面白おかしく毎日を過ごしていたが、こんな生活をいつまでも出来るわけがないと巫女仲間阿鳥に金儲けを持ちかけられる。それが菅原道真のご託宣をでっち上げるというもので、かくて人間たちの欲望の構図に彼女は巻き込まれていく。官能的な小説だ。澤田瞳子の傑作だ。

 (集英社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る