「本当は怖いドライアイ」平松類著

公開日:

 日本人の6人に1人がかかっているといわれているドライアイ。パソコンやスマホなどで目を酷使することが原因のひとつだが、“ただ目が乾くだけ”と放っておくのは大間違いだと眼科医の著者は言う。

 涙の分泌量や質が低下すると、目が乾く上に、ゴロゴロしたり痛みを感じるようになる。涙による防御能力が低下し、異物によって絶えず目に小さな傷ができてしまうためだ。さらに、ものが見にくくなり、眼精疲労が起こることでストレスがかかり、頭痛や肩こり、イライラが続くことで、うつ症状まで表れかねないというから恐ろしい。

 市販の目薬をさすと一時的な潤いは補給できても、根本的な改善にはつながりにくい。本書がお勧めするのは、自分でできるドライアイ改善トレーニングだ。まぶたの血流をよくする「ホットアイ」を行うと、涙の分泌が改善されてドライアイ症状も軽くなりやすい。方法は、水で濡らしたタオルを600ワットの電子レンジで40秒温め、まぶたの上に5分間のせるだけ。朝晩2回行うのがベストだ。

 この後にやると効果的なのが「まぶたマッサージ」。目を閉じてまぶたに人さし指をあて、眼球を押さない程度の力で上下左右になでる。最後に、目に油分を分泌する役割を担うマイボーム腺を刺激するため、下のまぶたの縁を軽くつまんで終了だ。

 ヨーグルトや青魚など、よい涙をつくる食べ物も紹介。クリアな視界で毎日を過ごしたいものだ。

 (時事通信社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る