• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「時代小説で旅する東海道五十三次」岡村直樹著

 時代小説を道しるべに東海道とその宿場を紙上で巡る旅ガイド。

 旅のはじまり、日本橋では林真理子著「本朝金瓶梅 お伊勢篇」を取り上げる。中国の「金瓶梅」を基にした本作は、不能になった艶福家の慶左衛門が、噂の強精剤を求めて妾や人妻を連れて、東海道を西上する道中を描く。そのあらすじや、読みどころを紹介するとともに、「七つ時(午前4時)」という早朝の旅立ちが一般的だったという当時の旅や、日本橋の歴史なども解説。保土ケ谷は池波正太郎著「雲霧仁左衛門」、岡部は笹沢左保著「帰って来た紋次郎」、そして大佛次郎著「鞍馬天狗 鞍馬の火祭り」の京都・三条大橋まで。

 ブックガイド、そして街道歩きの道案内としても楽しめるおすすめ本。

 (講談社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る