• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「時代小説で旅する東海道五十三次」岡村直樹著

 時代小説を道しるべに東海道とその宿場を紙上で巡る旅ガイド。

 旅のはじまり、日本橋では林真理子著「本朝金瓶梅 お伊勢篇」を取り上げる。中国の「金瓶梅」を基にした本作は、不能になった艶福家の慶左衛門が、噂の強精剤を求めて妾や人妻を連れて、東海道を西上する道中を描く。そのあらすじや、読みどころを紹介するとともに、「七つ時(午前4時)」という早朝の旅立ちが一般的だったという当時の旅や、日本橋の歴史なども解説。保土ケ谷は池波正太郎著「雲霧仁左衛門」、岡部は笹沢左保著「帰って来た紋次郎」、そして大佛次郎著「鞍馬天狗 鞍馬の火祭り」の京都・三条大橋まで。

 ブックガイド、そして街道歩きの道案内としても楽しめるおすすめ本。

 (講談社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  7. 7

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  8. 8

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  9. 9

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る