「時代小説で旅する東海道五十三次」岡村直樹著

公開日:  更新日:

 時代小説を道しるべに東海道とその宿場を紙上で巡る旅ガイド。

 旅のはじまり、日本橋では林真理子著「本朝金瓶梅 お伊勢篇」を取り上げる。中国の「金瓶梅」を基にした本作は、不能になった艶福家の慶左衛門が、噂の強精剤を求めて妾や人妻を連れて、東海道を西上する道中を描く。そのあらすじや、読みどころを紹介するとともに、「七つ時(午前4時)」という早朝の旅立ちが一般的だったという当時の旅や、日本橋の歴史なども解説。保土ケ谷は池波正太郎著「雲霧仁左衛門」、岡部は笹沢左保著「帰って来た紋次郎」、そして大佛次郎著「鞍馬天狗 鞍馬の火祭り」の京都・三条大橋まで。

 ブックガイド、そして街道歩きの道案内としても楽しめるおすすめ本。

 (講談社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る