• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「霊魂や脳科学から解明する人はなぜ『死ぬのが怖い』のか」前野隆司著

 死ぬのが怖いとはどういうことか、どうすれば乗り越えられるのかを考察した生き方テキスト。

 そもそも怖いとは何か。怖い=恐怖は、人間が持つ感情の一つであるが、感情は進化によってもたらされた。感情があることによって、集団としてのコミュニケーションや行動の高度化が可能になるというメリットがあったからだ。一方で人間は未来を予測できる能力を身につけた。過去や未来を考える力を身につけた人間は、その「おまけ」として自分の死について考える力を身につけてしまったと考えるべきだという。そのほか、そもそもなぜ生物は死ななくてはならないのか、死後の世界はあるのか、そして自殺についてなど、あらゆる学問を横断し、死を理論的に考察する。

 (講談社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る