【著者名■[德]機種依存文字です】「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」 奥野修司、■山大樹著

公開日:  更新日:

 輸入食品の危険性を告発する衝撃のリポート。

 アメリカ産牛肉は、国内消費量の約4分の1を占める。しかし、スーパーで売られているアメリカ産牛肉を調べてみると、国産牛の600倍もの残留エストロゲン(女性ホルモン)が検出されたという。実は主要な牛肉輸出国で、牛の肥育の成長促進剤としてエストロゲンの使用が認められているのだ。だが、国は正確な計測機器で食品に含まれる女性ホルモンを測っていない。計測すれば輸入禁止にせざるを得ないからだという。

 そのほか、有機塩素化合物に汚染された中国の農産物や鶏肉、未承認の遺伝子組み換え米など。外食産業などを通じて、知らずに日本人の口に入っている輸入食品の実態を告発する。

(講談社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る