【著者名■[德]機種依存文字です】「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」 奥野修司、■山大樹著

公開日: 更新日:

 輸入食品の危険性を告発する衝撃のリポート。

 アメリカ産牛肉は、国内消費量の約4分の1を占める。しかし、スーパーで売られているアメリカ産牛肉を調べてみると、国産牛の600倍もの残留エストロゲン(女性ホルモン)が検出されたという。実は主要な牛肉輸出国で、牛の肥育の成長促進剤としてエストロゲンの使用が認められているのだ。だが、国は正確な計測機器で食品に含まれる女性ホルモンを測っていない。計測すれば輸入禁止にせざるを得ないからだという。

 そのほか、有機塩素化合物に汚染された中国の農産物や鶏肉、未承認の遺伝子組み換え米など。外食産業などを通じて、知らずに日本人の口に入っている輸入食品の実態を告発する。

(講談社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  7. 7

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  8. 8

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  9. 9

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る