「西郷の首」伊東潤著

公開日: 更新日:

 加賀藩の足軽の家に生まれた島田一郎と千田文次郎は親友だった。幕末、加賀藩が開国派、攘夷派の対立で揺れるなか、文次郎は陸軍軍人となる。

 西南戦争で薩摩軍と戦った文次郎は、城山で西郷隆盛と思われる大柄な遺骸を見つけるが、その遺骸には首がない。

 西郷を尊崇する者が土中に首を埋めるはずがないと考えた文次郎は、石垣の中の首を発見し、「武士の時代」が終わったと気づく。

 一方、一郎は西郷の死を知って武装蜂起を断念し、大久保利通の暗殺を企てる。文次郎は軍人を辞めてそれを阻止しようとするが……。

 激動の時代に生きた2人の武士の友情を描く時代小説。

(KADOKAWA 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  9. 9

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る