「西郷の首」伊東潤著

公開日:  更新日:

 加賀藩の足軽の家に生まれた島田一郎と千田文次郎は親友だった。幕末、加賀藩が開国派、攘夷派の対立で揺れるなか、文次郎は陸軍軍人となる。

 西南戦争で薩摩軍と戦った文次郎は、城山で西郷隆盛と思われる大柄な遺骸を見つけるが、その遺骸には首がない。

 西郷を尊崇する者が土中に首を埋めるはずがないと考えた文次郎は、石垣の中の首を発見し、「武士の時代」が終わったと気づく。

 一方、一郎は西郷の死を知って武装蜂起を断念し、大久保利通の暗殺を企てる。文次郎は軍人を辞めてそれを阻止しようとするが……。

 激動の時代に生きた2人の武士の友情を描く時代小説。

(KADOKAWA 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る