「西郷の首」伊東潤著

公開日: 更新日:

 加賀藩の足軽の家に生まれた島田一郎と千田文次郎は親友だった。幕末、加賀藩が開国派、攘夷派の対立で揺れるなか、文次郎は陸軍軍人となる。

 西南戦争で薩摩軍と戦った文次郎は、城山で西郷隆盛と思われる大柄な遺骸を見つけるが、その遺骸には首がない。

 西郷を尊崇する者が土中に首を埋めるはずがないと考えた文次郎は、石垣の中の首を発見し、「武士の時代」が終わったと気づく。

 一方、一郎は西郷の死を知って武装蜂起を断念し、大久保利通の暗殺を企てる。文次郎は軍人を辞めてそれを阻止しようとするが……。

 激動の時代に生きた2人の武士の友情を描く時代小説。

(KADOKAWA 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  9. 9

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る