「侵略する豚」青沼陽一郎著

公開日:

 時は幕末、彦根藩では、毎年、水戸藩の元藩主・徳川斉昭宛てに特産の牛肉を贈っていたが、井伊直弼の代になって取りやめた。それが牛肉好きの斉昭の逆鱗に触れ、桜田門外の変の井伊の暗殺につながったという。

 また、斉昭の息子・徳川慶喜は「豚一殿」と呼ばれるほどの豚肉好きだった。親子揃っての肉好きという話だが、このエピソードの背後には米国による開国があり、今再びTPPによる関税撤廃という開国が迫られている。

 日本の食肉の歴史を桜田門外の変から説き起こす著者は、1960年にアメリカから35頭の豚が空輸され、現在日本国内で飼育されている豚のほとんどがその35頭の遺伝子を受け継いでいることを紹介し、幕末以来の米国の対日本食肉戦略の大きな構図を描き出す。

 一方で、習近平による中国の大胆な食料戦略を跡づけた上で、今や日本の胃袋が米中2大国につかまれていることを明らかにしている。

 このままでは食料という武器で米中に翻弄されかねないと、強い警鐘を鳴らす。

 (小学館 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る