頭と心を癒してくれる昆虫ワールド

公開日:  更新日:

「ゆるふわ昆虫図鑑」じゅえき太郎著

 書名に昆虫図鑑とあるが、登場するのはカブトムシやアリ、ハチ、バッタなど、ありふれた虫ばかり。それどころか、それぞれの虫についての解説も何も載っていない。

 実は本書は、擬人化された虫たちを主人公に、彼らの日常を面白おかしく描いたコミックなのだ。

 例えば、口数の少ない努力家のオオクワガタは、ライバルのカブトムシに「この夏はぜってー、負けねーぞ!!」と熱い思いを胸に秘めて、日々トレーニングに励む。そんなある日、サナギの状態のカブトムシと遭遇。オオクワガタに気づいたカブトムシは焦りを募らせるが、オオクワガタは「サナギに手をだすほど、オレはヤボじゃない」と見て見ぬふりをして通り過ぎる――といった具合に著者独自の昆虫ワールドを、いわゆるヘタウマ系コミックで描く。

「情報操作」と題がつけられた4コマは、コオロギが池のオタマジャクシたちを集め、「コオロギには毒があります。絶対食べてはいけません」と、彼らがカエルに成長した時に備え、洗脳しようとする姿が描かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る