頭と心を癒してくれる昆虫ワールド

公開日:  更新日:

「ゆるふわ昆虫図鑑」じゅえき太郎著

 書名に昆虫図鑑とあるが、登場するのはカブトムシやアリ、ハチ、バッタなど、ありふれた虫ばかり。それどころか、それぞれの虫についての解説も何も載っていない。

 実は本書は、擬人化された虫たちを主人公に、彼らの日常を面白おかしく描いたコミックなのだ。

 例えば、口数の少ない努力家のオオクワガタは、ライバルのカブトムシに「この夏はぜってー、負けねーぞ!!」と熱い思いを胸に秘めて、日々トレーニングに励む。そんなある日、サナギの状態のカブトムシと遭遇。オオクワガタに気づいたカブトムシは焦りを募らせるが、オオクワガタは「サナギに手をだすほど、オレはヤボじゃない」と見て見ぬふりをして通り過ぎる――といった具合に著者独自の昆虫ワールドを、いわゆるヘタウマ系コミックで描く。

「情報操作」と題がつけられた4コマは、コオロギが池のオタマジャクシたちを集め、「コオロギには毒があります。絶対食べてはいけません」と、彼らがカエルに成長した時に備え、洗脳しようとする姿が描かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る