「九紋龍 羽州ぼろ鳶組③」今村翔吾著

公開日: 更新日:

 火付盗賊改方の元長官で、今は京都西町奉行の長谷川平蔵は、盗賊の千羽一家を管轄外の大坂まで追うが、逃がしてしまう。

 千羽一家の手口は、夜更けに町に火を放ち、騒ぎの中、商家を襲って皆殺しにするという残忍なものだった。平蔵は、江戸を守る新庄藩火消の組頭・源吾がこの場にいてくれればと悔やむ。

 同じころ、源吾らの後ろ盾になっていた新庄藩の江戸家老が倒れ、当主の従兄弟・正親が藩政を仕切ることになった。江戸に到着した正親は、火消鳶(とび)の減給と火消道具への出費を差し止めると言いだす。そんな中、源吾らは現場で九紋龍の異名を持つ辰一が率いる町火消の「に組」と対峙する。

 デビュー作にして人気シリーズとなった「羽州ぼろ鳶組」最新刊。(祥伝社 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  8. 8

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  9. 9

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る