「九紋龍 羽州ぼろ鳶組③」今村翔吾著

公開日:  更新日:

 火付盗賊改方の元長官で、今は京都西町奉行の長谷川平蔵は、盗賊の千羽一家を管轄外の大坂まで追うが、逃がしてしまう。

 千羽一家の手口は、夜更けに町に火を放ち、騒ぎの中、商家を襲って皆殺しにするという残忍なものだった。平蔵は、江戸を守る新庄藩火消の組頭・源吾がこの場にいてくれればと悔やむ。

 同じころ、源吾らの後ろ盾になっていた新庄藩の江戸家老が倒れ、当主の従兄弟・正親が藩政を仕切ることになった。江戸に到着した正親は、火消鳶(とび)の減給と火消道具への出費を差し止めると言いだす。そんな中、源吾らは現場で九紋龍の異名を持つ辰一が率いる町火消の「に組」と対峙する。

 デビュー作にして人気シリーズとなった「羽州ぼろ鳶組」最新刊。(祥伝社 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  7. 7

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    引退から10年…元アイドル小阪由佳が子供たちに捧げる理由

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る