「風神の手」道尾秀介著

公開日:  更新日:

 ひまわりが群れ咲く季節に、15歳の歩美は、母と2人、町の写真館を訪れた。そこは遺影の撮影を専門とする一風変わった写真館。母の命はもう長くない。店に掲げてあるいくつもの遺影のひとつに目を留めた母の表情が変わった。知っている人なのだろうか。

 アユの火振り漁が行われる川がある町を舞台にした4つの物語が、一編の長編ミステリーに収束。数十年の歳月を経て、町で起きた不可解な事件の謎が解き明かされていく。

 かつて、川の護岸整備工事のさなかに、薬剤流出事故が起きた。それを隠蔽しようとした工務店は倒産。事故は事件となり、一家は追われるように町を出る。工務店を経営していたのは歩美の祖父。当時高校生だった歩美の母は、淡い思いを寄せていた若い漁師とつらい別れをしていた。

 若い漁師とその父親、護岸工事の作業員とその息子、写真館の経営者、護岸工事を引き継いだ工務店の女社長……。3世代にわたる登場人物たちの人生が重なり合い、変転する。

 彼らの運命を決めたのは、あるとき河原に吹いた一陣の風なのか。めぐりあわせに翻弄されながらも懸命に生きる人間群像が複雑に絡み合い、大きな物語となって結実した。(朝日新聞出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る