「風神の手」道尾秀介著

公開日:  更新日:

 ひまわりが群れ咲く季節に、15歳の歩美は、母と2人、町の写真館を訪れた。そこは遺影の撮影を専門とする一風変わった写真館。母の命はもう長くない。店に掲げてあるいくつもの遺影のひとつに目を留めた母の表情が変わった。知っている人なのだろうか。

 アユの火振り漁が行われる川がある町を舞台にした4つの物語が、一編の長編ミステリーに収束。数十年の歳月を経て、町で起きた不可解な事件の謎が解き明かされていく。

 かつて、川の護岸整備工事のさなかに、薬剤流出事故が起きた。それを隠蔽しようとした工務店は倒産。事故は事件となり、一家は追われるように町を出る。工務店を経営していたのは歩美の祖父。当時高校生だった歩美の母は、淡い思いを寄せていた若い漁師とつらい別れをしていた。

 若い漁師とその父親、護岸工事の作業員とその息子、写真館の経営者、護岸工事を引き継いだ工務店の女社長……。3世代にわたる登場人物たちの人生が重なり合い、変転する。

 彼らの運命を決めたのは、あるとき河原に吹いた一陣の風なのか。めぐりあわせに翻弄されながらも懸命に生きる人間群像が複雑に絡み合い、大きな物語となって結実した。(朝日新聞出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る