「古事記異聞 鬼棲む国、出雲」高田崇史著

公開日:

 3月、松江市の揖屋神社の巫女・陽子が他殺体で見つかり、島根県警捜査1課の藤平らが捜査に乗り出す。古事記に「この世とあの世の境目」として書かれる「黄泉比良坂(よもつひらさか)」と記される現場には、死後に切られた陽子の長い髪が散乱し、遺体の左の眼球には金色の簪(かんざし)が深々と突き立てられていた。

 同じころ、大学院への進学を決めた東京の女子大生・橘樹雅は、4月から通う民俗学研究室に挨拶に行く。指導教官の御子神は、出雲を研究テーマにすると告げた雅に「出雲国風土記」に関する最大の謎を知っているかと問いかける。文献を読み込んでも答えが見つからない雅は、出雲にフィールドワークに出かけることに。

 出雲神話の真相を描き出す歴史ミステリー。

(講談社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る