• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「古事記異聞 鬼棲む国、出雲」高田崇史著

 3月、松江市の揖屋神社の巫女・陽子が他殺体で見つかり、島根県警捜査1課の藤平らが捜査に乗り出す。古事記に「この世とあの世の境目」として書かれる「黄泉比良坂(よもつひらさか)」と記される現場には、死後に切られた陽子の長い髪が散乱し、遺体の左の眼球には金色の簪(かんざし)が深々と突き立てられていた。

 同じころ、大学院への進学を決めた東京の女子大生・橘樹雅は、4月から通う民俗学研究室に挨拶に行く。指導教官の御子神は、出雲を研究テーマにすると告げた雅に「出雲国風土記」に関する最大の謎を知っているかと問いかける。文献を読み込んでも答えが見つからない雅は、出雲にフィールドワークに出かけることに。

 出雲神話の真相を描き出す歴史ミステリー。

(講談社 880円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  9. 9

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  10. 10

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

もっと見る