「日本の神社100選」日本の神社研究会著

公開日:

 古事記や日本書紀にも数多く登場する神社は、現代と過去を結ぶタイムカプセルのような存在であるという。日本の歴史を知る上でぜひ、訪ねておきたい神社を案内してくれるカラーガイド。

 神道の原初的な信仰は縄文時代に始まる。その代表は、人知を超えた自然物に神が宿るという自然信仰だ。まずはオオクニヌシを祭神とする出雲大社(おおやしろ)や、古事記で国譲りの場面に登場するタケミナカタを祭神とする長野の諏訪大社、さらに地上世界を統治するために高天原から降臨したとされるニニギを主祭神とする霧島神宮など、神話の時代に創建された神社を紹介。以下、ヤマト王権、倭の五王、飛鳥、奈良時代まで、時代ごとに紹介しながら日本の歴史をたどる。

(宝島社 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る