• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本の神社100選」日本の神社研究会著

 古事記や日本書紀にも数多く登場する神社は、現代と過去を結ぶタイムカプセルのような存在であるという。日本の歴史を知る上でぜひ、訪ねておきたい神社を案内してくれるカラーガイド。

 神道の原初的な信仰は縄文時代に始まる。その代表は、人知を超えた自然物に神が宿るという自然信仰だ。まずはオオクニヌシを祭神とする出雲大社(おおやしろ)や、古事記で国譲りの場面に登場するタケミナカタを祭神とする長野の諏訪大社、さらに地上世界を統治するために高天原から降臨したとされるニニギを主祭神とする霧島神宮など、神話の時代に創建された神社を紹介。以下、ヤマト王権、倭の五王、飛鳥、奈良時代まで、時代ごとに紹介しながら日本の歴史をたどる。

(宝島社 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る