• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本の神社100選」日本の神社研究会著

 古事記や日本書紀にも数多く登場する神社は、現代と過去を結ぶタイムカプセルのような存在であるという。日本の歴史を知る上でぜひ、訪ねておきたい神社を案内してくれるカラーガイド。

 神道の原初的な信仰は縄文時代に始まる。その代表は、人知を超えた自然物に神が宿るという自然信仰だ。まずはオオクニヌシを祭神とする出雲大社(おおやしろ)や、古事記で国譲りの場面に登場するタケミナカタを祭神とする長野の諏訪大社、さらに地上世界を統治するために高天原から降臨したとされるニニギを主祭神とする霧島神宮など、神話の時代に創建された神社を紹介。以下、ヤマト王権、倭の五王、飛鳥、奈良時代まで、時代ごとに紹介しながら日本の歴史をたどる。

(宝島社 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る